スポンサーリンク
動物病院

呼吸がおかしくなった病気が判明

1時間30分後に再びH動物病院へ!

ぎんちゃん、検査を受けたせいかテンション低い(´;ω;`)

でも迎えに行った時に、
わたしの顔見たら「にゃ~!にゃ~!」って(笑)

「オレ置いてどこに行ってたんだよ(。>0<。)」って感じで(笑)

 

で、超音波と針生検の結果を先生が教えてくれた(。・ω・。)

まず心臓の超音波は問題なし!

次に針生検の結果は、
取り出した細胞はちゃんと胸腺だった!

「だからガンではないから安心して下さいね!」との事。

それを聞いてホッとした(。・ω・。)

で、
「胸腺遺残症」という病名がついて、
先生が今後の治療方針を決めてくれた!

ちなみに先生は何度か、
胸腺遺残症の猫ちゃん達を診察したことがあるとのこと。

だからその子達と同じように治療すれば、
多分よくなると言ってくれた(。・ω・。)

その言葉を聞いて本当に心強かったなぁ~( ̄▽ ̄)。o0○

 

それで今のぎんちゃんの状態を分かりやすく図にしてくれて、

先生が、
「胸腺が肥大して気管を圧迫しているから、
まずはステロイドの薬を飲んで胸腺が小さくなるか試してみましょう。」

「ステロイドって聞くと悪いって印象があるかもしれないけど、
適切な量と期間で摂取する分には問題ないので安心してくださいね。」

って言われて納得できた(。・ω・。)

 

1日1回で、1週間分のステロイドを処方してもらって、

また1週間後に診察を受けることになった(。・ω・。)

薬はごはんと混ぜてあげるように言われたけど、

先生が、
「ぎんちゃんは賢いから、
もしかしたら薬を避けちゃうかもしれないから、
その時は、口の中に入れてあげてね!」

ってアドバイスもらった(笑)

薬を飲んで呼吸も安定してくれるといいなぁ(。・ω・。)

 

にほんブログ村 猫ブログへ ポチっと応援お願いします♪

 ポチっと応援お願いします♪
 

スポンサーリンク