スポンサーリンク
動物病院

やっぱりだった。。。

 

午前中にぎんちゃんを連れて、
H動物病院へ(((((((((((っ・ω・)っ

お盆休みだから空いてたのかな?

わんちゃん連れた人が診察してて、
2番目に呼ばれて早かった(。・ω・。)

 

で、診察に呼ばれて・・・。

 

ぎんちゃん見てすぐに先生が

「呼吸がまたおかしいね・・・。」
「前に胸腺遺残症になってるから、また同じ症状が出てるかも」って。


>やっぱりそうか・・・。

 

 

で、昨日呼吸がおかしかった時に、一応動画を撮っておいたから先生に見せた!

先生:
「動画撮って来てくれたんだね!」
「やっぱりかなり呼吸が早いよね。」

わたし:
「やっぱりそうですよね(´;ω;`)」

先生:
「ぎんちゃん、この前も胸腺遺残症やってるからまた出ちゃったのかもね」
「今日はレントゲン撮って見てみるから、ちょっと待ってて下さい!」

 

スポンサーリンク




数分後・・・。

 

先生:
「終わったので、どうぞ~!」

わたし:
「はーい!」

先生:
「やっぱり、すこし胸腺に押されて気管が細くなってるね。」
「また7日間薬を出しておくから、飲んで様子を見てください。」

「薬で症状が収まっていれば、特に診察必要ないから大丈夫!」

「ぎんちゃんは、胸腺が消えるまでどれくらい時間がかかるか分からないけど、もしかしたら同じ症状が出る可能性があるから、また症状がでたら診察に来てください。」

わたし:
「分かりました。」

先生:
「でも、そんなに心配することないからね!」
「マンチカンとかスコティッシュフォールドの猫種には、たまにあることだから経過観察してれば重大な病気にはならないから安心してくださいね!」

 

それを聞いてメチャメチャ安心した( ̄▽ ̄)。o0○

 

まぁ、上手に付き合っていくしかないってことだよね(。・ω・。)

とりあえず、前にもらった薬と同じだから症状は落ち着くはず!

また7日間薬を飲んで様子を見てみることに。

病院から帰って来てからは、ぎんちゃん疲れたのか爆睡(笑)

少しゆっくり静養だね(。・ω・。)

 

にほんブログ村 猫ブログへ ポチっと応援お願いします♪

 ポチっと応援お願いします♪

 

スポンサーリンク